クレジットカード現金化は手数料が安いところを選ぶべし

クレジットカード現金化業者、とにかくいっぱいあります。
さまざまなサイトを見ていって、やはり目に入るのは「還元率〇パーセント」の文字でしょう。
少しでも多くの現金がもらえた方が良いに決まっています。
ですが実は、「高さ」以上に重要になるのが「安さ」だったりするのです。

還元率、実は最大でもらえるものが書かれているのではないですか

「還元率〇パーセント」の先頭に「最大」の2文字を見逃している場合、よくあります。
一番多くもらえてそれだけ、という意味なのです。
どういう場合にたくさんもらえるかというと、お店に対してどれだけ貢献度が高いかに掛かっています。
つまりいっぱいのお金を入れた方こそが得られる権利です。
1万円くらいからを下限としている業者が大半の中で、万・十万の単位くらいだと全く多くはないのです。
少なくとも百万、当座の現金を確保しようとされている方が達することはない高額です。
ということで、たいていのサイトにある謳い文句は我々庶民には関係のないものと思っておくことです。

手数料で更に引かれます

最大の還元率が98パーセントだとして、数万のお金を動かした程度だとその還元率は適用されないわけですからもっと低い還元率で計算されます。
そうして出された数字、更に低く安くするのが「手数料」という存在です。
だってクレジットカード現金化業者は決して偽善事業でやっているわけではないのですから、引かれて当然です。
この額、業者によって異なるのです。
金欠に苦しむお客様に少しでも多くのお金を還元できるようにと最低限の手数料のみ頂いているのが、優良業者と言われるところです。
とにかく自分たちの金儲けが中心、もらえるものはしっかりもらってやるというのが悪徳業者というわけです。
手数料がどれくらいとられるのか、そちらも重要です。
悪徳業者ほど還元率の高さで誘い込んできます。
その後のガッカリ度、何しろ98パーセントの還元率だったとしても50パーセント・60パーセントとか場合によっては80パーセント近い手数料が取られたりもします。
18パーセントしか手元にはやってこないのです。
これなら自身で質屋に持って行った方がよっぽど儲けることができる、質屋だと60パーセントくらいが相場です。
とにかく手数料が安いかどうかもかなり大きなポイントとなるわけです。

まとめ

クレジットカード現金化のサービスを利用し現金を手に入れたものの、思った以上に「安い」とガッカリされてはいませんか。
「最大」の還元率をさも自分もその権利が得られるかのように受け止めていた方、平均どれくらいか・最低でもどれくらいなのか自身に当てはまる還元率を冷静に調べておくようにしましょう。
手数料の存在を忘れていたのでしょう。
還元率の高さに加えて手数料の安さもチェック項目に入れておくことです。
結局、実際に我々の手元に届く現金は還元率80パーセントくらいが相場のようです。
少しでもたくさんもらいたいというのであれば、それを目安に探してみると良いでしょう。
18パーセントなんてことになったら大変だと不安に思われている方は、最低の還元率を保証している業者もあります。
そういったところであれば、きっと少なくとも80パーセントはもらえるはずです。